L o a d i n g

TSUNAGARU

Back to Our Business

Project国東半島仁王輪道

国東半島仁王輪道

限界集落で新たな挑戦。
大分県の国東半島でサイクルツーリズムをプロデュース

  • 01 Project's
    Task

    大分県北東部に位置する国東半島。九州の中の”コブ”にあたるこの土地は、東京23区よりひとまわり大きいエリアに、人口はわずか10万人程度。中山間部の様子は典型的な限界集落とも言えます。
    交通手段の選択肢が少ない半島内は、神社仏閣など恵まれた観光コンテンツが点在しています。それらをつなぐ新たな移動手段として自転車の有用性を実証することが本事業のスタート地点でした。
    フィールドワークを通した調査にはじまり、モデルコースの策定、ライドイベント運営、PR・情報発信をトータルプロデュースする幅広い知見が求められます。

  • 02 Produce
    Point

    まずわたしたちは、徹底したフィールドワークを通して、「国東半島らしさの抽出」と、国東半島におけるサイクルツーリズムが「どんな価値をもたらすか」を言語化し、本事業の成功指標をつくり関係者全員と共有しました。地域の方々が本コースに愛着を持ち、県内外からサイクルファンが集ってくることを目標に、行政や地元の関与者と一体になった推進体制を構築しています。

    また国東半島は修験道の場としても知られており、1300年前から続く六郷満山文化は国東半島の重要なアイデンティティと考えています。サイクルツーリズムをきっかけに、日本古来からの自然観や宗教観などを紡いでいく。一過性のプロモーションや走行環境の整備のみにとどまらず、本質的な価値の探索も弊社のローカルビジネスプロデュースらしさであると考えます。

  • 03 Result
    • STEP1 調査
      観光コンテンツや走行環境の安全面など、サイクルツーリズムをはじめるにあたっての基礎調査を行いました。
    • STEP2 ハード/ソフト整備への提言
      レンタサイクルやサイクルオアシスの設置間隔やレスキュー体制など快適で安全にサイクリングを楽しめるための環境整備のための提言を行いました。現在半島内では5箇所のレンタサイクル拠点が設けられショートコースを体験できるようになっています。
    • STEP3 モデルコースの策定
      半島内に合計9つのコースを策定しました。初心者から健脚まで楽しめるバラエティに富んだコースとなっています。
    • STEP4 コミュニケーションプランの策定
      対外的に発信していくためのツール選定、メディア選定
    • STEP5 対外的に発信していくためのツール選定、メディア選定
      国東半島らしさを象徴するネーミングを決定し、ロゴマークやマップなどのツールに展開しています。
    • STEP6 PRイベントの企画運営

Case Study

Say Hello!